慢性リンパ性白血病を食事療法で克服 (アミグダリン)



イチゴ

あんなに可愛い姿なのに
有害ミネラル・水銀をキャッチして
体外に排出する強力な作用がある

こんなこと誰が考えついたのでしょう

あせて読む:いちごのもつエゲツないパワー


今日は驚きの「有害キャッチ能力」をもつ
「小さな食べ物」について。

ウソみたいなホントの話をお届けしたいと思います


この記事を書いてるわたし:

2012年、乳がん告知。三大療法をやらず海外の食事療法でガンを克服した人たちについて猛勉強。 紆余曲折の中、不安ながらも得た知識をコツコツ実践していたら 気づいたら「無病のヤセ型の健康体」をずっとキープしています。母の万年おデブの遺伝子は引き継いでおりますが、現在: 170cm / 52.5k/ 体脂肪 14.2% 、いま特に疾患が何もなく、なにより体系を隠すワザを考えなくていい「とても気楽でズボラな人生」を送っています。 



●フルーツの種が抗ガン食として威力発揮


自社のラボで食品の持つパワーを
徹底研究しているオタク、
アメリカではかなりの有名人のマイク・アダムスさん

「有害キャッチ能力」をもつ彼の一押しは

「フルーツの種」

んなアホな・・

私もなんども突っ込みました


で。

食事療法でガンを克服した海外の方を調べ倒していくと
必ずというほど話題に上がるものでもあったのです

それが

「B17 」=アミグダリン (Amygdalin)

これは果物の種に含まれる成分です


英語が読める方は
b17, apricot seeds, cancer,
など検索してみてください
ザクザクと ガンを克復された方の声が出てきます

昔から漢方でも杏の種はアミグダリンを豊富に含み
洋の東西を問わず薬膳やハーブの世界では欠かせない存在です。

海外の抗がん自然療法で取り入れてる人が多いのも不思議ではありませんね


●アミグダリン(B17)はガン細胞にどう作用するの?



原理はというと・・・

タネには
ベンズアルデヒド (benzaldehyde)と
シアン化水素 (Hydrogen Cyanide) という
ふたつの成分が含まれます

普通の細胞なら
これら2つを中和させる酵素があるのに
がん細胞には、それがありません

●アミグダリン(アプリコットシード)ってどんな味


そして
ガン細胞にだけある酵素、
β-グルコシダーゼ: β-glucosidaseが
先の2つと結びつき毒となり
がん細胞を攻撃します


私は必ず
USDA やECOCERTの
オーガニック有機マーク付きを選びます

アーモンドに似た味ですが
苦味が強いbitter タイプを買うので
アーモンドのように美味しい!
とは思いません
一言で、

にっが・・

慣れれば全然平気です
スムージーにも入れたりしてました

でも、なぜか食べると毎回
大きな くしゃみが必ず一回出ます
いまだナゾです


amazon.com (米国)でApricot Kernelsと検索するとオーガニックのものがたくさん出て来るのですが日本アマゾンにはこれしかない
(あとは杏仁豆腐を作る添加物の入ったパウダーばかり

どういうわけだか
どこもかしこも
売り切れなので




今年は6月
長野から実ごと買って
作ってやろうと思ってます



●アミグダリン B17は摂取に注意がマジ必要



ここで注意です

グーグルの健康データに関する
検索リスト表示ルールの改定があってから
”b17 , アミグダリン ”などを検索すると
農林水産省の「摂取してはいけません」や
@@医師の「b17 根拠なし」

の検索結果がズラ〜りと上位に出てきます

つまり

摂取はくれぐれも自己責任です

注意がズラリと出てくるだけあって
摂取には かなり注意が必要です
うかつに取ると 正直、ヤバいです
つまり、それほどパンチがあります


大量摂取は絶対にやめてください

ダメだという情報、
これが効いたという人の情報、
両方の情報を取り入れて
自身でよく吟味して判断する
これは、どんなことでも同じです


こちらのブログでも時間を許す限り
また克復された方の声を紹介しますが
ご自身のご判断をしっかりお持ち頂くよう
お願いいたします

↓英語のわかる方は
驚きの情報満載なので
本でまず勉強されるのをお勧めします




アミグダリンを含む食べ物

apricot seeds
peach kernels
bitter almonds
grape seeds
apple seeds
raspberries
blackberries
blueberries
strawberries
cranberries
plums
spinach
lima beans
barley
bamboo shoots
macadamia nuts


あせて読む:アミグダリンで慢性リンパ性白血病を克服(パート1)

あせて読む:アミグダリンで余命半年の肺ガンを克服(パート2)




「読んだよ!」という応援を
 ↓ 下のカフェラテの写真をclick で お願いします
「いい情報を書くぞ!」の励みになりますので押してもらえると嬉しいです。
(ブログ村会員でない方もクリックできます☆)


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

人気ブログカテゴリーはこちらから▽
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
ブログ村へ戻る

フルーツの種が抗ガン食として威力発揮!

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください