怨み・悲しみ・妬み・怒り、手放したらガンに勝てるのかを8年やってみた


精神面と免疫力

さて、ガンになるまで私も特に意識していませんでしたが
海外の自然療法をやっている人を調べたおしていたら発見したことがあります。

健康的な食生活、運動、睡眠、
どれもこれも理想的な生活を送っていたのにガンになった。

と事例。

そして、それでも見事にガンを完治あるいは共存した方々が
口を揃えておっしゃる共通項が、

「精神的なトラウマ・ネガティブ思考を解決しないと、治癒は始まらない」
ということです。

はい、ここで

うさんくさい、
今さらこんな陳腐なフレーズ、パンチない、
そこまで体に関係ある?

と思った人、確かにそう感じますよね。

今ガンの人が読めば 精神面で余裕はないだろうし、
健康な人が読めば毎日の忙しさに追われて そんなこと気にする余裕がないだろうし。

この部分をさらっと見逃してしまうのは普通で 8年前に乳がん告知をされた私だってそうでした。

恥ずかしい話ですが
私の幼少期を少しだけ話させてください・・

私の家はとにかく貧乏でした。

マッチ売りの少女かオシンか私か、くらい。

父は子煩悩で明るく働き者、
破天荒でめちゃめちゃオモロイ人だったのですが、唯一の欠点は大のバクチ好き。
いろんな賭博で膨大な借金を作り、私の幼少期は日本とは思えないような極貧生活でした。

ある程度大きくなってから とある漫才師が出した「ホームレス中学生』という本を読んだ時
「こんなことが、本になるんかっ?」と驚いたほど
それを上回るド貧困を極々普通に経験していました。

どのくらい貧困かと言うと、例えば幼稚園の遠足。

母親に負担がかかると思い、子供ながらに遠足のことは親に内緒にして
お弁当もオヤツも持たずに出て、遠足先でお昼になると、どっか隠れる、みたいな。
先生に見つかり母親に連絡がいき、知った母がさらに悲しみにくれて泣く、みたいな。

書いていて、マンガのようなド貧困さにちょっと笑えます。

それでも父の根っからの明るさで家庭は機能していましたが、
田舎から疎開でシャツ一丁で出てきた中卒の父の口癖は

「挑戦してもムダや」
「どうせ、ムリや」

という言葉でした。

貧困の中、小さい頃から呪文のように繰り返されたその言葉に 悔しさが増殖しきっていたんだと思います。
私は気づけば反動で真逆の方向に考える人格になっていました。

「どうせムリ、なんてあるかっ!!」
「やってできないこと なんか あるかっ!」

今考えてみれば強がることが極貧に生まれた私の唯一の生きる術だったのかも知れません。

言いたかったコトはここからです。

ガンだと言われたときも同じように、怖がりなんだが強がりの私は
「いやいや、治せないなんてはずないから」という思いで、
出来るだけ多くの国のガン患者さん達の声を探しまくりました。
色んな国の三大療法・自然療法についても がっつり読み倒しました。
(おかげさまで英語力がめちゃめちゃ上がりました。)

そして結局悩みに悩んだ末 たどり着いたのが

三大療法をやらないで自然療法・食事療法・自己治癒力を信じてみる、だったのです。

ですが幼少期からずっと親が発信し自然と植え込まれた「どうせ無理」思考は 大人になっても
やっぱり ちょいちょい顔を出し、私の決断を揺がします。

やっぱ、無理なんじゃないのか・・?
どうせ、無理なんじゃないのか・・・?
こんな方法とったら死ぬんじゃないか?

ネガティブ思考ループ、再燃。

そんな時でした。

ずっとオーガニック食で健康に気を使ってきたのに乳ガンになってしまった
というドクター・ベロニークさんを見つけました。
マインドチェンジで見事 がんを克服された医師です。(こちらの記事は必見

このベロニーク先生が最も強く主張されてること、
心の痛みや辛かったこと、子供の時に味わった誰にも言いたくない出来事
それら全てを癒すことなくして 治癒は完成しない、・・
とやはり精神面の改善が必須であるとされています。

同じように、海外の自然療法で見事ガンを克服された人々も
「精神面の改善」を強く訴えておられます
(Davidさんのケース)(エレンさんのケース)(スーザンさんのケース)(Ursula さんのケース

・ネガティブな人を遠ざけた
・自分のネガティブ思考を一切やめた
・自分を傷つけた人を許した
・怒りを持つのをやめた
・ストレスのある仕事をやめた

私がガンになってよかったと思えることのひとつは、ネガティブを手放す習慣が身についたということです。

特に耳を傾けた欲しいのは今 健康な人。

ガンじゃないけどネガティブに考えてしまう人、
何か悩んでいる人、
落ち込んで塞いでしまっている人、
選択を迷っている人、
コロナに不安を抱えている人も!

この習慣さえついていれば ガン治療だけじゃなく、
あらゆることでプラスを生んで毎日の生活から余計な心配がなくなり
うまく回っていきます。

占い嫌い、スピリチャル嫌い、の私が これを言うのは
病気や体調については特に 免疫力が上がること/血流がよくなる事とも関係しているからです。

「迷ったり落ち込んだりしたら、しのごの言わずに 目の前のできる事から とにかくやる!」

(↑なんでこのイラストかは深く考えないでください)

そしたら、やってるうちに あれやこれやとポジティブなことが不思議と転がり込んでくるもので
ネガティブな感情は勝手に離れていき、心配しなくても必ず好転していきます。
ネガティブな情報ばっかり聞いても調べても、いいことなんて近寄ってきません。
時間がもったいない。

ポジティブな考え方を持って
ポジティブにな人と付き合って
ポジティブな生活空間を作っていると
必ずポジティブな結果がついてきます!!

(同じグチをずっと言ってる人からラインがあったら「あれ、返信したんだけどな」の対応で。ポジティブで周りを固める。)

この精神面をクリアせずしてゴールはない、

「どうせムリ」じゃなくて 「どうせ人生は一回キリ」

これでいきましょう!



それでは今日はこのへんで
さようなら。



「読んだよ!」という応援を
 ↓ 下のカフェラテの写真をclick で お願いします
「いい情報を書くぞ!」の励みになりますので押してもらえると嬉しいです。
(ブログ村会員でない方もクリックできます☆)


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

人気ブログカテゴリーはこちらから▽
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
ブログ村へ戻る

Stress accounts at least 60% for your health   you could be on a best diet,  you could be going to a gym
and you could be doing everything right,
but if you are not handling enough with your stress or negative way of thinking,
its just gonna drag you down eventually.     Were you feeling happy today ?
Just trying to find the way first to handle with each stress around you.
(stressful job, bad relationship, your tendency to think negatively..extra)
This is much more important than we think it is.
Do you hear about  Dr. Veronique Desaulniers  aka Dr. V  ?
She’s the author of a book  called
“Heal Breast Cancer Naturally: 7 Essential Steps to Beating Breast Cancer”
She is a really amazing Dr. who conquer her own cancer,
and her site is full of very important information that help you to fight against your own cancer  


Just started my Facebook page! Please follow me (click)
Hoping my informations help others in the same situation,
↓↓↓ Please give me a “likes” if you can : )↓↓↓

Follow my blog with Bloglovin

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください