私がなぜ三大療法をやらなかったのか。近藤誠先生

東京都内の名門として知られる病院ふたつで
乳がんと告知された8年前。

「それでも 三大療法を全てやらないでおこう・・・」

そう決めるまでに人生で一番悩んだといっていい くらい毎日考えを巡らしました。

じっと悩んでも仕方ないので、とりあえず調べ倒しました。

主に、海外で過激な治療なしでガンを克服(あるいは共存)した人々のこと。
当時はまだ日本では、ゲルソン療法や食事療法の情報が今のようになかったのですが
海外のコミュニティではどのように克服したかの詳細な情報が溢れるように交換されていました。

ここで英語力が一気に上がるというオマケがついたほど
真剣、血眼になって食い入るように情報をむさぼりました。

普段はズボラ満載のわたしの長所はあえていうなら根気のよさ。
地の果てまで調べ尽くすぞ、で生活はそれ一色になりました。

私は もともと薬はできるだけ取らない方がいい、という考え方。
病気とは全く無縁だったので
いきなりの乳がん告知を受け入れられず、
ましてや過酷な治療のイメージを払拭できずに
なんとか三大療法を受けずに済ませないものか・・
と逃げに走った、というのが正直なところです。

母が乳がん手術で背中まで一面が紫色になるのを若い頃みたり、
自分の父が前立腺癌になったり、
大親友が抗がん剤に苦しみ 急に亡くなったり。

こういうことも私の決断と大きく関係していたと思います。

しかしです。

「よし 3大療法はやらない、今の不摂生の全てを立て直し体の異常をなくしてやるぞ!」
と強く思っても、次の日にはまた自信がなくなって恐怖に襲われ調べたおす、、
この永遠ループ。

家族や友達に反対されると思って誰にも言ってない上、
海外のあったこともない人の治療戦略を山ほど知った、というだけ。
この人らのいうことは、ホントにホントなのか?

あ〜〜〜〜もうわからん。
頭の中が生活すべてが 常にそのこと一色。おまえは本当にそれでいいのか?

そんな時です。ふいに決断しました。

「近藤先生に会ってみよう。」

当時は、ガンと食事の関係を説いたり、

3大療法にも過剰なケースがあると主張する先生は日本には ほとんどおらず
この近藤誠 先生くらいが 声を高らかに
「がんもどき」説をバンバン発信しておられました。ガンに一見みえてガンとは言い難い「がんもどき」。
それらをガンと診断して必要以上の過剰治療を今の日本医療ではやりすぎだ
という先生の著書を多数よんでいました。会って相談してみたい、

と思う人は日本では この先生くらいしかいない・・。

私は当時、東京女子医大でガンの告知を受けてからの
聖路加病院でセカンドオピニオンの患者でした。

なので聖路加の担当女医に
めちゃめちゃ言いにくい。。

でも思い切るしかない。

「本当にすみません。。
心配してくださっているのは有り難く受け止めています。
ですが紹介状を書いて頂きたいと思いまして・・・」
(まさかの突然のサードオピニオン!)

常に穏やかなトーンで説明をしてくれるいつも笑顔の先生だったので
面と向かって とても言いずらかったのを覚えています。

「慶応の近藤先生というのですが・・」

するとあんな優しい感じだった先生が
たった一言 低いトーンで言いました。

「デタよ・・」

(デタよ?・・って何・・)

きっと先生からすれば

サッサと切って放射線を当てないと何度も何度も説明してるのに
何を拒否ってるんだ、この患者は・・

とずっと思っておられ
この「近藤先生に・・・」という言葉から
あ〜なるほどね、と思わず納得したんだと思います。

先生は  これ以上言っても だめだこりゃ、な顔で
はいはいはい  店じまい!な感じで(実際には言ってません)机を片付けだして
じゃあ来週紹介状を取りに来てね〜な雰囲気に変わりました。

逆に 私も申し訳ないという気持ちがスッキリして結果的によかったなと。

それくらい当時は(今はどうなんでしょう)
近藤先生は普通の先生からしてみれば
トンデモ先生(← 失礼)の扱いを受けているんだな・・と改めて知りました。

近藤先生が批判を受け続けて来たのは
ご自身の著書で書かれてきたことではあるんだけど
私はこのとき
自分は今からイバラの道に向かっていくんだなと覚悟したのを覚えています。

この近藤先生ってだれだれだれ?ってなった人は
ぜひこちらの本をお読みください。
西洋医学の過剰治療を長年に渡り堂々とうったえてこられた
乳房温存療法のパイオニアです。

2012年には、その功績が認められ菊池寛賞を受賞されています。

実際にお会いしたら 170cmの私よりずっと長身で
(180くらい?本には当たり前だが そんなこと全然書いてないし)
ものすごくスラと姿勢がよく
スタスタっと軽やかに歩かれる様子をみて
「あ、この人なら信用できる!」と一発で安心したのを覚えています。
オーラとでもいうのでしょうか。
あっさりというか爽やかというか話し方に暗さがなく
なんというか、私欲ではなく 日本全体のことを考えている、みたいな
独特のオーラがありました。

↓ これなんかはガンじゃない人も絶対読んだ方がいい良書

実際に近藤先生の診察室を訪れたエピソードは 疲れたので また次回。

自然療法でたくさん学んだことを地味にコツコツやってきました
紆余曲折、意気消沈ありましたが
本当にありがたいことに

今は、アラフィフなのに更年期障害っぽい症状も一切ないし
痛いところも痒いところもありません

体型キープがなるべく続くように(170cm/52k/体脂肪14.2)
ジム通いに励んでいます。(早くコロナ収まって〜)
ガンになったことで口に入れるものに徹底的にこだわって
生活全部を改めることを知り、今の健康状態があるので
ガンになってよかったと感謝しています
健康は美容にも繋がる。
みなさんの役に立つような情報を
コツコツのんびりですがお届けしていこうと思います

それでは今日はこのへんで
さようなら。

「読んだよ!」という応援を
↓ 下のカフェラテの写真をclick で お願いします
「いい情報を書くぞ!」の励みになりますので押してもらえると嬉しいです。
(ブログ村会員でない方もクリックできます☆)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

人気ブログカテゴリーはこちらから▽

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
ブログ村へ戻る

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください