ホーム 著者 からの投稿 Koko

Koko

90 投稿 4 コメント

浸潤癌クラス5の子宮頸がん を自然療法で治したジル/ Jill’s remarkable story of healing cervical cancer naturally !

Jill's remarkable story of healing cervical cancer naturally ! Again, here is the remarkable story of healing cervical cancer! Jill Schneider healed herself of MALIGNANT CERVICAL CANCER IN 1975 using only Oriental Medicine of diet, herbs, yoga,...

ステージ4の子宮ガンを自然療法で克服した女性 / A lady healed stage 4 ovarian cancer naturally

      ステージ4の子宮ガンを自然療法で克服した女性 / A lady healed stage 4 ovarian cancer naturally 15年前のある夜、大出血をし友達に電話して 「今晩、もう死ぬわ。きっと」とパニックになったUrsula さん。 翌日、病院で腫瘍があるので取りましょう、 と言われ、目が覚めた時には両方の卵巣とリンパが摘出されていた、とのこと。 結果は ステージ4の子宮ガン・卵巣腺がん, そして肺に転移も見られるとの告知を受け、さらに子宮全摘手術と抗がん剤の必要があると告げられます いきなりの告知を受けて彼女は、 「化学療法を受けて苦しんで死んでしまった友人や父親を見てきた。。 そうはなりたくはない」と本能的に強く思ったそうです。 そして、他に何か方法はないかと情報収集を始め ある一冊の本と出会います。 インターネットのない時代で苦難を極めたと思います。 「A Cancer Battle Plan: Six Strategies for Beating Cancer, from a Recovered "Hopeless Case" Reprint Edition」 by Anne E. Frahm (Author),‎ David J. Frahm (Author) もちろん、私も、告知当時(2013) 読みました! 今でこそ、「自分で作った異変なのだから自分で治せないはずがない」 という意見を持つような人も増えましたが、 初めて読んだ時は、目からウロコの事実ばかり。。 「ところで、当時べジタリアンで健康的な食事をしていたにも関わらず、 なぜガンになったと思いますか」 と聞かれて彼女が即答したのは 「ストレスに間違いない。12年も法廷で争いをしていました。」と。 ストレスとガンの関係については、ぜひこちらもお読みください そして、彼女が行ったことの一つは、  essiac tea ! もちろん、私も飲んでいます。 (インタビューアの男性・クリスも飲んでいます。 日本ではあまり馴染みがないですが 抗がん食事療法をする人の中では結構メジャーなお茶ですね) 毎日取るものですから 必ず、何が何でも organicマーク...

ジュースで顔ツヤが半端ない・carrot makes perfect skins

originally I started veggie juicing just trying to make my tumors shrink in my breast and fight against cancer cells in my body after getting diagnosed as breast cancer, but ! it had other wonderful bonus...

最後まで美しかったモデル

The most beautiful friend of mine that we need to say good by to suddenly.. 最後まで美しかった友人 モデルをしていた友人。 顔が小さくて、細長い体と手足。 可愛い話し方で、同じ女性から見ても 助けてあげたくなるような人。 実際には小さな小さな顔なのに、 彼女が映った駅の大きな看板では、 吸い込まれるような圧倒的な笑顔で 人々の気持ちを明るくしてくれた。 25くらいで仕事の現場で出会い、 40過ぎても、それはそれは美しかった。 しばらく音沙汰がないと思っていたら 子宮ガン・大腸ガンの手術をしてから予後がよくない、と連絡をもらった。 そんな彼女が「家に遊びに行くよ」と言ってくれ 3年ぶり?位の再会となった。 当日、自宅で待っていたが、 待てど暮らせど時間になっても来ない。 道に迷ってる?と思って外に出てみると 道端の植え込みに横たわるようにして座っている。 (え〜〜〜〜っ??????そんなに悪いの??) 驚 「あ、大丈夫。大丈夫よ。元気だった?」 と かすかに微笑む彼女。 駅から少し歩くだけでも こんなにしんどかったのか・・。 ごめん・・ 久しぶりにあった彼女の顔には、 昔のままの息を飲むような美しさが残っていた。 小さな顔が、もっともっと小さくなってしまっていた。 ふたりでゆっくり家に戻り メロンを切ってテーブルの大皿にドカっと載っけると 「あは、ほんと、kokoちゃん、豪快。男の人みたい」 と、私のいつものガサツさを、クスクス笑ってくれた 自分のリュックから円形の穴が開いたクッションを取り出して 「これがないと、座ってられないの」 話の途中も、骨ばったお尻で姿勢が定まらないのか、 左右にごそごそ体を動かしていた。 「でもね・・ ”病院で死なれると、ウチも困るから、名古屋の実家に戻って欲しい" って先生に言われちゃった。。。」 いまどき、そんなこと言う医者いるの!?と怒りが込み上げたが、 未婚で東京で一人暮らしの彼女に 医師が どういうつもりで そう言ったのか。 今考えると その意図はよく わからない。 その後、しばらくメールの交換が続いたが 「私のことは、もう大丈夫」としか言わなくなった。 彼女なりの覚悟だったのかもしれない。 それから1ヶ月くらいだろうか。。 彼女のお姉さんからラインが来た。 「妹の携帯をたどって、親しくしてもらってた人に連絡を取っています」 慌てて電話をかけなおした。 「最後は、お風呂に入りたい、と言っていてね・・。」 いまだに、まともにこの辺のことが ちゃんと書けない。 悔しかった。 なぜ、こんなにも時代は発達しているのに、 いつまでも世界はガン戦争に勝てないのか。 彼女はどうすればよかったのか 正解は何だったなのか? ガンってなんなのか その存在意義って? それから 私は、3大療法をやらずに、体を癒すことをしよう、 とますます意思を固めていった。 そして、がん放置療法を唱える 近藤誠 先生に会いに行くことになる。 続く。 ↓ ポチッと応援頂けたら嬉しいです

がんが自然に治る生き方 / Radical Remission ・by Kelly Turner

Follow my blog with Bloglovin ガンと言われた人も、そうじゃない人も、必見の本のご紹介です。   がんが自然に治る生き方―― 余命宣告から「劇的な寛解」に至った人たちが実践している9つのこと / Radical Remission ・Kelly A. Turner PhD ケリー・ターナー 臨床医でも患者でもない著者が、 末期がんを克服した患者にインタビューし記録を淡々と綴っている という点がポイントが高い! 私は「@@の治療法がいい!」と断定的にゴリ押しされるのは苦手で、 ガンが寛解した人の体験談を純粋に「情報や統計として」知りたいと いつも思っています。   高額な値がついているものには近寄りませんし、 やたらと西洋医学に拒絶心を持っている人にも近寄りません。 ですので、この本でお金をかけずに気軽に続けられるものが紹介してあることも お勧めしたい理由です。   アマゾン評価を読んで驚いたのが、 「がん研究会有明病院の医師に勧められました。」という感想を入れている方がいました。 時代はここまで変わったきたのでしょうか! 少し嬉しくなりました。 私は、自分がガンだと告知される前から、 家族・友人が3大療法でいい結果が得られなかった経験から、 何かが違うんじゃないか、と違和感を感じていたのもあり、 実際に自分が大学病院から手術を促された時は 「私は多分 3大療法は やらない・・か・な・・?」と どこかで漠然と思っていました。 そして、その後、3大療法をやらずに食事療法を取り入れながらも その食事療法は情報によって大きな違いがあり 本当は何が効果があるのか、 自分のやっていることはあっているのか、 と迷いと不安でイライラしていた時期もありました。 今は、「自分の体にある細胞は、たとえガンでも敵じゃない」 と考えており、体の治癒力を信じています。 こちらは、日本よりもアメリカでの評価が非常に高い本で 数多くの人がこの本を参考にして自分の治療法を貫きながら成果を出しているコメントを読むと 人ごとながら とても嬉しい気持ちになります 私が悩んでいた2009ー2013頃とは違い、今はものすごくSNSも発達して 世界中で闘病している人の声が聞けるようになりました。 みなさん、一つの意見に偏ることなく、広い視野と柔らかな心で 世界中に溢れているアドバイスに耳を傾けてみてください。   ↓ 押して頂けるとランキングに反映され、乳がんで不安になっておられる方に役立ちます。ご協力頂けると大変嬉しいです   Radical Remission: Surviving Cancer Against All Odds byKelly A. Turner PhD When I began reading " Radical Remission" by Kelly Turner,...

ガンになって良かったな。中村仁一 先生の著書

中村 仁一 先生の著書    医者に命をあずけるな (PHP文庫) 「がんで死ぬんじゃない。抗がん剤によって死ぬ」   「発熱、鼻汁、咳、嘔吐、下痢 こういうのは、全部、体内に入った悪いものを排除しようとの自然治癒力の働きである。 だから解熱剤などの薬を使うのは自然治癒を妨げで、治癒を遅らせる。」 ガンの告知以来、色々情報を集めてみると 自然とこういう考え方に至りましたが こういう考え方って、今は一般的になってきているのでしょうか。 この本を読むと,自然に私たちが持っている治癒する力が どれほど大事か を考えさせられます。 自分が病に陥った時の医療に対する許容範囲は、一体どの程度なのか・・ 手術は? 抗がん剤は? モルヒネは? 胃瘻は? 人工呼吸は? 長期の入院生活は? 今まで、検査に引っかかったこともなければ 大した病気になったことがなく生きてきたので、 自分が年老いて、いずれは死ぬ・・なんてことを、 コレっぽちも考えた事がなかった。 生きてることがありがたい、すら 忙しい毎日で立ち止まって思うことなどありませんでした。 ガンだと告知を受けた時は、 「え、嘘やん・・・まじ?  仕事どうしよ・・」 とピントのずれた焦りを感じてたけれど、 それからというもの、今までは 見えなかった事・考えもしなかったこと、を じっくり考えるようになりました。 そして、とても「丁寧に生きる」ようになりました。   ご自身もガンの体験があるジャーナリストの鳥越俊太郎さんがおっしゃってたのは、 「無病息災でなく、一病息災」 悪い診断結果でもくだされないと、 人は誰でも、すぐに無理をしてしまう 一病息災が実はとてもいい状態なんですね。 告知があった事で、少しづつ勉強をして、 ひとつづつ体を癒す取り組みをしてきました。 だんだんと昔の若い頃の元気な身体に戻っていく実感があると、 自分の方向は間違ってないんだ、と勇気付けられるものです。 人生は、試行錯誤の繰り返し、だと考え、焦らずに 皆さんも、前に進みましょう!。 寝耳に水でガンの告知を受けた方、 ネガティブにとっていては免疫が下がるだけ。 頑張りすぎている自分の体をもっと癒してあげてください! がんになったからといって悪いことばかりではないですよ!   ↓ 押して頂けるとランキングに反映され、乳がんで不安になっておられる方に役立ちます。ご協力頂けると大変嬉しいです   ブロトピ:今日のファッション・美容情報 ブロトピ:今日の健康・医療情報 ブロトピ:今日の料理・グルメ情報 ガンになって良かった・・?そう思っている人いますか? #中村仁一 先生の著書 医者に命をあずけるな (PHP文庫) こちらからどうぞ。 https://www.chaneltc.com/2033-2/  #乳がん #ゲルソン #ベジタリアン #闘病記 #食事療法

がん患者コミュニティー(ドセタキセル、DCIS)

私がガンの疑いを受けた2009年には 乳がんについて、まだまだ個人の意見交換がされるネットの場はあまり見かけず すごく不安に一人で考え込んでいました。今は、どんどん 個人のブログやコミュニティーの場が生まれ いい傾向だなと、つくづく思います。 同じ立場の人との会話は本当に救われますよね。こちらから   こちらのコミュニティーでは乳がんについての多くの意見交換がなされています。 例えば、ドセタキセル. (ワンタキソテール® ) の副作用についてこちらから(Click here) 「体重が増えるのは私だけ?」 「お湯につけると楽になる」 などなど、たくさんの意見が交換されています。   また、ヘアカラーについても意見交換も。こちらから(Click here) 「化学療法のナースは6ヶ月は毛染めまで間を置いてくれ、というけど、白髪をどうすべきか」 「化学的なヘアカラーでないものは?」 「白髪もカバーしてアンモニアとレゾルシノールを含まないnaturtintってブランドがいいよ」 などなど。やはり、ヘアカラーって相当な毒をしようするんだな、と改めて思いました。 その記事についてはこちらの参考に!https://bit.ly/2Id4ZYR   また、乳房温存療法と聞いていたのに全摘になってしまった時、どう対応したのか、 という議論も こちらから(Click here)   そして日本でよくある意見ですが「日本のガン医療は遅れていて欧米は・・」とか 「DCIS (乳管内上皮の異常細胞-非浸潤性乳管がん)は欧米ではガンと見なされないのに、 日本ではガン扱いで、すぐに手術をする。」 なんていう議論。 ですが、ここで患者の声を聞いていると、どこの国も同じだな、という印象を受けます。 フォーラムで「DCISはガンのうちには入らない、と聞いていたのに、 結局、放射線・抗がん剤・全摘と全てのコースを受けてるが、 ここまでの治療、本当に必要なのか?!」と疑問を投げている方もいました。こちらから(Click here)     英語が苦手な方はグーグル翻訳を使うと 大体の意味がわかると思いますが 大事だと思う箇所は英語のできる方に確認を! (グーグル翻訳を少しやって見ましたが、 全く反対の意味に意訳されたりすることもありました) UK発の #がん患者 のコミュニティー、たくさんの意見交換。必見です。(#ドセタキセル #DCIS #ヘアカラー  についてなど) こちらから https://bit.ly/2IeFLsP  #ゲルソン #食事療法 #乳がん #闘病ブログ #抗がん剤

米国医師「過剰診断」の実体を暴露 Over-diagnosed that lead to death

  FINALLY a medical Dr, unveils the truth of medical testing!? Please, get a copy whether you borrow it or buy it and READ THIS BOOK right now. It's so critical to understand the problem.  you will know that why...

Lutien works for eye disease 目の病気にルティン

How Does Lutein Work?   A recent eye check at clinic found that a part of my eye that called retina has clouded area, which have possibilities to lead to macular degeneration!!! So I have searched a...

マイケル娘・ヘアーカラーの現実?! Hair dyes & cancer

  Michael Jackson s daughter Paris looks more striking in darker hair ? Hi friends! how is your day? Now you feel like dying your hair? ME too, butOnce we has an experience of being diagnosed as...