肺がんステージ4女優、自然療法でガンと共存する生き方⭐️ Kris Carr will change the way you live and eat

It’s not just what u eat , but also what u drink , and what you think.

 

31才で、肺がんステージ4が見つかった女性
女優でもった Kris Carrさん

アメリカで人気のオプラ・ウィンフリーの番組にも登場
http://www.youtube.com/watch?v=uZVSosX4SmI&list=PLEC575C666368E2CC

メジャー病院4件を回って説明を受けても、
そのメインストリームのがん治療(手術・抗がん剤・放射せん)に納得がいかず、
ドクター・ショッピングをするうち、

自分の無力さと希望のなさに、どん底まで落ち込み、
気が触れたように精神を病んでいったといいます。

そんな時に 出会った食事とガンの関係についての本を読み
視界がひらけたように、小さな取り組みを初めていきます。
マイクロバイオティック食事や健康的なライフスタイルを実践。

体調が随分よくなった後、しばらくは小康状態だったので、
さらに厳しいRaw veggy 食をはじめたそうです。
すると、めきめき良くなっていきます。
ガンが縮小する時期があったり、また小康状態だったり、とスローペースではあるけれど、
告知から14年経った今も、元気に小康状態を保っているとの事。

彼女がたどりついた考えは
It’s not just what u eat , but also what u drink , and what you think.

口に入れるものだけじゃなく、
考え方、どのように生きるか、
も大切である。。。。と。

彼女が他の代替療法をするガン患者と違うのは、
ガンが消えなくてもいい、
毎日幸せで、体調がすぐれて、笑っていられるなら
がんと共存でいい、
という考え方を持っている事。

ガンは私の教師で、いろんな事を教えてくれ、
告知前の「幸せ不感症」だった自分を大きく変えてくれた、
といいます。

と~~っても気持がよく分かります。

私の場合、告知から本当に物事を見る目が変わりました。
仕事が忙しかった当時、感謝の気持を持つ事や
幸せを感じる事、そういう気持ちが皆無だった気がします。
ですが、感謝の気持ち持って生きてみれば
こんなにも生活がスムーズに進んでいくのか、と目からウロコです
すごく生きやすくなりました。

ガンは私にとって、起こるべくして起こった出来事だったと強く思っています。

 

Kris Carr is a New York Times best-selling author and health advocate.
She is also the author of the award-winning Crazy Sexy Cancer book series.

Her books, Crazy Sexy Diet and Crazy Sexy Kitchen, will change the way you live and eat!

her website is Kriscarr.com, Just check it out , full of simply amazing info !!

She inspires countless people to take charge of their health and happiness
by adopting a plant-based diet, and improving lifestyle practices

Her motto: Make juice not war!

インスタよかったらフォローしてください ❤ クリック! (follow our instagram/ click here)

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

CAPTCHA