痩せたいのに「ストレスで過食する」を2度とやらない方法

痩せようと思っているのに食べてしまう人


・「ダイエットは続けるのが大事って分かってるのに、いつも誘惑に負けて食べてしまう。
・「意思が弱いな。ついつい衝動で気がついたら食べて罪悪感」
・「ストレスが色々あって たぶん永遠に痩せそうにない」





こういった思ってる方にお伝えします。


本記事の内容

・ 過食の原因ストレス は 思った以上に「痩せ」の邪魔 !

・ストレスで「ついつい食べ」:過食を2度としない簡単なワザ
  ①  自分のストレスをリストアップ
  ② 具体的な対処法をあらかじめルール化

まとめ ❤︎
 ストレス回避の 思考パターンをクセづけると過食せずに必ずヤせる!


この記事を書いてるわたし:

2012年、乳がん告知。海外の食事療法を猛勉強。紆余曲折の中、不安ながらも得た知識をコツコツ実践していたら 気づいたら「無病のヤセ型の健康体」をずっとキープしています。母の万年おデブの遺伝子は引き継いでおりますが、現在: 170cm / 52.5k/ 体脂肪 14.2% 、いま特に疾患が何もなく、なにより体系を隠すワザを考えなくていい「とても気楽でズボラな人生」を送っています。

自分はそんなにメンタル弱くないし、
わりと人前で感情は抑えるの上手だと思っていても
よく考えてみてみると、自分が決めたダイエット・ルールを破って
つい 食べちゃいけないものに手が伸びる。

よく考えてみると そういう時は必ず
何かキッカケになることが あると思いませんか。

おいしいものが並んでいて「ま、今日だけはいいや」
誰かに何かもらって「ちょっとならいいや」
こういうルール破りは それなりに幸福を感じられるので
 全体で見て 精神的にも そこまで悪くないと思います。

問題なのは、ストレスがかかったときに「もういいや、食べちゃえ!」という

「ヤケから始まるルール破り」

これについて深掘りしたいと思います。



・ 過食の原因:ストレスは「痩せ」の邪魔 !

イラっときて予定してなかったのに、ついつい食べてしまう衝動。
この「ヤケから始まるルール破り」ってどんなときがあるでしょうか。

例えば、
①自分の決めたことが、できなかったとき
②SNSで他の人をみて落ち込んだとき
③人に嫌なことを言われたとき

人によってネガティブな気持ちになる瞬間はいろいろ!

些細なことですが何かキッカケがあり食べた後に後悔してしまう

これってダイエットしたことのある人なら誰でも感じたことがありますよね

ストレスがきっかけでジャンクに手が伸びるまで↓

あるキッカケになることが起きる

→「つい食べる」
→「コントロールできない自分に絶望」
→ 「せっかく知った食の知識を実践せず」
→「当然 やせない」 
→「さらに絶望」

「ヤケから始まる悪のループ」を回避するには、
まず、その根源となるキッカケに注目しよう!

・ストレスで「ついつい食べ」:過食を2度としないワザ

✔︎ ① 自分のストレスをリストアップ

まず 上記のようにどんどん書き出してみましょう

実際やってみるとリストアップしてみると
自分のウィークポイントが分かってきます。
へ〜、こんなことでわたしはイラっとしてたのね。
っと書き出して整理すると本当にスッキリします。




✔︎ ②具体的な対処法をあらかじめルール化


キッカケをリストアップしたら、
今度はそのキッカケがやってきた時にどうやって反応するか
ルールをあらかじめ決めておきます。


少し深く見ていきましょう。



例えば、どか食いストレスのキッカケが次のようなものの場合・・・

キッカケ①「自分の決めたことが、結局 できなかったとき」

「今日はジムにいって運動しようと思ったのにサボったな〜」
→「なら、どうせ一緒か。制限は明日から。今日は好きなもん食べよ」

ダイエットを経験したことある人なら
このパターンによく遭遇するかと思います

こういうときは →

✳️ ルール化①:別の達成したことを考える

「玄関掃除できたからいいか」とか
「バーゲンでワンピ安く買えたからいいか」とか
「本で@@が勉強になったからいいか」とか

些細なことでいいので、

「昨日できなくて今日できたことがあるなら
それでよし」

と自分を肯定するクセをつける



キッカケ② 「SNSで他の人をみて落ち込んだとき


この解決法は簡単!


✳️ ルール化①:ドヤ顔インフルエンサーのSNSは見ない

上には上がいるもので、あなたが見た「ドヤ顔」の上には
その「ドヤ顔」が憧れる「さらに上のドヤ顔」存在します
日本の人気モデルでさえ
「ビクトリアシークレットのテイラーが理想です」
と言ってるくらいです
「ある地点に到達しても満足できず
上を見て落ち込む」なんてやめましょう

他人との比較は時間のムダでしかない
昨日の自分と比較した方が楽しいで

→SNSデトックスで時間が空く
→空いた時間は自分の好きなことに使う
本を読んだり、映画をみたり
チリ積もでかなりの時間が生まれる!



キッカケ ③ 「人に嫌なことを言われたとき

発信なんかをして人より目立てば必ず嫌味を言われる回数は増えます

 何も発言しなければ、何も言い返されることはない
  ↓
 少し意見を言うようになると、少し嫌味も
  ↓
 仕事で人をリードするようになると、陰口が耳に
  ↓
 ホリエモンクラスになるといつもボロカスにリプ

✳️ ルール化③ : 「関心を寄せられてる証拠。全く気にする必要なし」

言われた瞬間はドキっとしても「自分が成長して個性が出てる証拠」

こうルールづけておけば
逆に「そこから学べることはないかな」という余裕さえ生まれます






・ まとめ
ストレス回避の思考パターンをクセづけ過食せずにヤせる

ストレスは 想像してるよりも はるかに「痩せ」の邪魔をしています。

せっかく「よし頑張るぞ」思っていたのに「ストレスで挫折・・」は 本当に もったいない。

人間の意思の力なんて当てにしてる場合ではありません。

自分のストレスをリストアップし、
「それに出くわしたときの思考パターンをクセづけてしまう」
このシステムはホント無敵になれます。

こんなことでどうにかなる?

と思った人ほど 騙されたと思ってやって見てください。

「ひとつクリアすると自信がついて、次もクリア!
のループが生まれたら 必ず痩せ始めます。

「@@を飲んだら 1ヶ月に5kg やせた」
「@@を抜いたら10kg やせた」と短期的に痩せるよりも
思考を習慣化する方がよっぽど長続きします。

頑張りましょう❤︎




「読んだよ!」のポチを
下の写真 click で ↓ お願いします
「いい情報を書くぞ!」の励みになります
いつもありがとうございます

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

人気ブログカテゴリーはこちらから▽

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
ブログ村へ戻る






返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください