マインドチェンジで乳ガンを治した女医 !Dr V and cancer

 

For all those women who are at a lost getting diagnosed as breast cancer, here’s my favorite doctor V ‘s articles

Stories

 

女医のベロニカさんの記事 http://breastcancerconqueror.com/ がとっても興味深く、
人間の体についての本質をついている側面があると思いましたのでご紹介してみますね。

Stories


上記で、ベロニカ手法をトライした乳がんのかた達の意見がみれますが
エリザベスさんも初めは「私のケースは深刻でこんな胡散臭い方法に付き合っている暇なんてないの!」という感じからスタートしたそうです。みな同じですね。
そして西洋医学以外の手法を選んだ時に大反対するのも、みな同じ。
(私も家族以外の3人くらいにしかガン告知のことは、話しませんでした)

さて、ベロニカさん、
子供を母乳で育て、有機が流行る前からオーガニック食だったのに。
なぜそういう健康の知識も豊富な女医さんでも乳ガンになってしまったのか・・・!

彼女自身が自分に問いかけ、情報を集めて、見つけた答え。
それは、精神的な辛さを癒してこなかったこと。。。
「Emotional healing ] 心の辛さを癒していく生活をしてなければ、
人は病やガンになってしまう。

3-5歳くらいの幼少期に性的虐待を受けた彼女は、考えます。
unforgiveness 「許せない気持」がネガティブな精神だけでなく病気をもたらす、と。

自分を許す事
人を許す事
ネガティブな気持を持たない事、

これらは全て、健康に書かせないキーファクター。
みなさんは、どう思われますか?

ネガティブな気持ち、怒り、は全て起きている事象をどう捉えるかの問題だと私は考えています。
そして、そのどう捉えるかが体のホルモンバランスや体調に影響するのは間違いない、とも思っています。

私の場合、毎年していた健康診断で一度も引っかかったことがないのに、
ガンの告知があったあたりは、人生で最大の苦しい出来事が続けて起こった時でもありました。
ガンは何年もかかってできた細胞ですが、それが急速に進むキッカケは
ネガティブな環境と大きく関係している、と考えます。

あと、面白い視点が
歯の根幹治療をきちんと行っていない、
つまり、細菌をきちんと処理せず銀などを歯にはめている場合、
その細菌が行き場をなくして、cavitation(浸食)が起こり、ガン形成の要因に。。
問題の歯と同じ側の乳房にガンができていることが多いそう。。

はじめての視点で、とっても興味深いお話です。。。

2014-05-12

How Veronique healed breast cancer in 2005

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

CAPTCHA