便秘・ダイエットに効く。トランポリンはガンを克服した人もやっていた



便秘が解消しない人、あ〜痩せないわって人へ


「便秘にいいってものをアレコレ試してるのに、どれもイマイチ」「下剤に頼りたくないし」「とにかく痩せなくなったわ」「ぽっこりお腹なんとかならん?」「足だってなんでこんなにムクむ?」

こういう悩み全てに共通していることがあります。

一気にアプローチしてみましょう。


本記事の内容

・トランポリンはガン・サバイバーの強い味方だった
・トランポリンのリンパ改善の効果がスゴすぎた
・胃ぶくろをキレイにしないと始まらない
・トランポリンのあれこれの効果
・トランポリンをもっと気軽に簡単にできれば人生が変わる

この記事を書いてるわたし:

2012年、乳がん告知。三大療法をやらず海外ガン・サバイバーの食事療法を猛勉強。 知識をコツコツ実践し気づいたら「無病のヤセ型」に。母のデブ遺伝子は引き継ぎながらも現在: 170cm / 52.5k/ 体脂肪 14.2% 「内臓脂肪率:100人中で1位、基礎代謝量:女子15歳」をIn body ランキングで取れて浮かれている私です。 お腹ポッコリがなくなり腰痛まで解消。「とても気楽でズボラな人生」を送ってます。 




ガン告知以来、海外で三大療法を受けずにガンを克服したという人のやっていることをいろいろ調べ倒してきました。

「これは、理屈があっている」
「これは、ただの企業の入れ知恵だな」
「う〜ん、これは怪しすぎる」
「ほう、これは、ほとんどの人がやってるな」

と、色々と見つかるもので、知識は心の中の不安を癒してくれることを知りました。

そして、

ガンを癒すことは、美容やダイエットで成功することに通ずる

ということも身をもって知りました。

ガンを癒す数々の療法は、肌にも体にもダイエットにも効果があるのは、結局のところ、美容は健康の延長線上にあるからです。

それでは、さっそく、ガンを見事に克服した方々のやってきたことを、ちょっとみていきましょう😌


●トランポリンはガン・サバイバーの強い味方だった


食事療法を実践しているガン・サバイバーさんたちは、とにかくあらゆる面で生活改善をされています。

「免疫をあげて体を癒していく」つまり

「体から悪いものを取っ払って、いいものを入れる」

このコツコツ作業の積み重ねです。

コレをしていて、美容やダイエットに役に立たないはずはないですね。

のめり込んで調べていたある日、面白いことを見つけました。

これはやっていたよ」というリストの中に、トランポリン「Rebounding 」をあげる人がとても多いのです。

英語を読める方は、「rebounding / cancer」 と検索してみて下さい。実際やっている人の情報が わんさか 出てきます。

「ええ?ガンとなんか関係あるう??」😶

と言いたくなる気持ちを抑えて、読み進めていくと、なかなか理屈が通っている。

当たり前ですが、これは 「トランポリンやったらガンが治った」という怪し〜い話ではなく、「あらゆる改善の中のひとつにトランポリンをしていたよ」という話ですので、お間違えなく。




●トランポリンのリンパ改善の効果がスゴすぎた


「血液は心臓がある限り勝手に流れるが、リンパ液はそういうわけにはいかない。」

こんな残念なお知らせを聞いたことがあるでしょうか。

血液とは違って、リンパは骨格筋の収縮がないと流れが悪くなり、そしてそれが万病の元になります。

そして腹立たしいのは、それが病気の原因になるだけじゃなく、美肌やダイエットの敵にもなり、体のむくみや肌荒れまで引き起こします。

では、NASAとケンタッキー大学がトランポリンについて行った共同調査を少し見てみましょう。

その結果が興味深い。

「重力がかかるトランポリンの上下運動は、通常の運動やランニングよりもリンパの流れを活性化させる」


というのです。


ガン・サバイバーさんたちがトランポリンをするのは、ジャンプで上下する反動作用で、大体骨格筋をフルに使ってリンパ液が流れをよくすることを狙ってのこと。

単なる運動不足の解消ではないのです。

トランポリンは、リンパを流すとても効率のいい方法なんですね。

わたしはNASAの調査報告を目にしたとき、「ランニングよりも効果あるのか。NASAの協力だしなあ。信憑性はある。」

権威に弱い私は、ズボラで運動嫌いだけど、これくらいならできるかも、と少し暗示にかかり始めます。



そうなのか・・・・


●胃ぶくろをキレイにしないと始まらない


もうひとつ、ガン・サバイバーさんたちが「ガンと戦う体を作るのに避けて通れない」と言っていることがあります。

それは

胃ぶくろをキレイにすること



「体の健康は、まず胃腸から」というのはもはや常識かもしれません。

海外のガン・サバイバーさん達がトランポリンを取り入れている、もうひとつの理由はこのためです。

上下にジャンプしていると、お腹まわりの筋肉に負荷がかかります。

ことのき、胃がグルっと音がなるほど胃腸が動いて活性化されます

トランポリンをするようになって便秘が改善した、そのおかげで、しっかり栄養を吸収するようになった、肌も綺麗になった、という声がたくさんありました。

なるほど。

物理的に、胃腸をしっかり動かすのだから、便通がよくなるのは、そりゃそうだ、という感じ。

この頃には、だいぶトランポリンを買う気になっていました。


●トランポリンのあれこれの効果




「 恐ろしい三大治療をすっとばして自然療法を選んだんだから、何だってやらなアカンわな・・」

そんな気持ちも手伝ってトランポリンを買ってボチボチやりだしました。

それから年月はずいぶん経ちましたが、結論から言うと、ガン対策以外の面で、たくさんの効果がありました。

思いつくものをあげてみると・・


❤︎ カロリー燃焼ダイエット効果 ❤︎ 

なんと言っても消費カロリーがスゴイ。
トランポリン 5分 = 1km ジョギング 😱

1キロ のジョギング、実際やると結構しんどい。



❤︎ ぽっこりお腹を解消 ❤︎ 

お腹には太い血管が集まっていて、臓器の周りにリンパも集中。全身の70%のリンパが腹部に。

このため、ぽっこりお腹の原因の多くはリンパの停滞で起こるむくみと老廃物の蓄積で、リンパがスムーズに流れると、お腹の脂肪が燃えやすく、老廃物が溜まらず太りにくくなると言われています✌️

リンパを流して細胞が活性化させ、代謝を上げる」が勝ちですね



❤︎ 筋トレ効果 ❤︎ 

全身の筋肉が まんべんなく使われる感じ
関節の負担が気になる人には水泳がいいけど 正直、面倒すぎませんか。
トランポリンならジョギングのような関節への負担がほどんどない。
足の筋肉量が少なかった私でも、やってると締まってくる



❤︎ ストレス解消効果 ❤︎ 

なんで、飛んでると、勝手に笑えてくるんだろう。真顔でトランポリンってできないな、と常々思っていたのですが、ジャンプすることは「セロトニン」の分泌も促進するそうです。
 幸福を感じるホルモン「セロトニン」。こんな形で出せるとは😌 。もっと出て欲しい。なんせ根は暗いので。




中でも、一番嬉しいのは、やっぱり

便秘解消の効果

「ん?なんか今日は、ちゃんと出てないなあ」というときほど、ピョンピョン飛びます。

しばらくして忘れたころに(あるいは、速攻に)”もよおしました警報” 発令

この時の安堵感は、便秘に悩む人にしか分からないでしょう。

「自分にはこれがある」

という方法をもっていることの心強さといったら・・


●トランポリンをもっと気軽に簡単にできれば人生が変わる


人はなんと愚かな生きものなんでしょう。

こんなにあれこれと効果があったのに、すっかり調子がよくなってガンであったことなど全く忘れて暮らしています。

そうすると、トランポリンもサボり気味だったのです。

ですが、コロナの影響で ジムも休業だし運動不足になるしで、また ピョンピョン飛び始めました。

うん。

やっぱり これは、かなりいい😌

5分飛べば、ジワっと汗が出てきて 身体がポカポカ・・。

両手を上げてみると、手首で血がトクトクと強く脈打つのがよく分かります。
「おお、なんか流れてる流れてる」というのが味わえます。

すぐにブサイクになる私のふくらはぎよ、おまえも、ぴょんぴょんで撃退させていただくよ。

ムクミがさっぱり、スッキリしてきます。

あわせてお読みください↓

私のブサイクな ふくらはぎの撃退法 



そして、梅雨時期にも使えます!!雨の日でもトランポリンがあれば、お子さんでも退屈せず思いっきり運動できますね。

ジムに行く時間がない、普段運動する時間なんて全然取れない!って方は、気負わずにこれを家族でおいて置けば、体を動かす習慣がつきますよ。コスパも文句!

アスリートも体幹を鍛えるために、取り入れているってだけあって、お腹ポッコリも徐々に治まってくるのがわかります。(体幹、大事です!!!)



ズボラゆえに面倒くさいことは、まるで続きません。なので、なおしこんではダメですね。