ビタミンD欠乏乳がん患者は、転移リスク94%・死亡リスク73%も高かった




ビタミンDって、直接乳がんと関係ないのでは?と思う方も多いかもしれま
せん。ですが実は

「乳がんの人もそうでない人も不足するとホントに危ない」

という重要すぎるビタミンなのです。😱

ちょうど今、お家でこもりっぱなしの人も多いと思います。

「日光を浴びる時間がすくない」「間違ったダイエットをしている」こんな時にビタミンDは不足になりがちです。ですが、これは重大問題。

「なぜビタミンD不足だと、乳がんの確率も上がるのか」

について、今日は深掘りしたいと思います。


この記事を書いてるわたし:

2012年、乳がん告知。海外の食事療法を猛勉強。紆余曲折の中、不安ながらも得た知識をコツコツ実践していたら 気づいたら「無病のヤセ型の健康体」をずっとキープしています。母の万年おデブの遺伝子は引き継いでおりますが、現在: 170cm / 52.5k/ 体脂肪 14.2% 、いま特に疾患が何もなく、なにより体系を隠すワザを考えなくていい「とても気楽でズボラな人生」を送っています。


しっかり食べ物からビタミンDを取って、ウォーキングをして日に当たるようにする。これは、「健康を保ち気分良く暮らす」こと以上にとても重要なことなのです。

わたしが、このことを実感したのは、ガン対策の食事療法を猛勉強して実践しているときでした。



●すべての女性は「ビタミンDと乳がん」のことを知ってなきゃ損


食事療法でガンを克服した海外の人たちの掲示板をみていると、いかにビタミンDの血中濃度をあげるか、「ビタミンD合戦」みたいな感じで意見交換がされています。😌

ホントに。すさまじい勢いで。

それほど、多くの大学や病院の研究・調査で分かっています。

がん対策にビタミンDは欠かせないのです。

ちょっとデータをみていきますと・・・


「ビタミンDが欠乏してると、充分レベルと比べ転移のリスクが 94% 、死亡リスクが73% 高い!!!!」😱


✳️Pamela Goodwin氏(カナダ・マウントシナイ病院)の 乳癌患者512人を11.6 年も追跡した調査の結果です。

結論からいうと「乳がんの人はビタミンDが足りていない」ということがわかりました。

血中ビタミンD濃度は
24.0% → 充分 (72 nmol/L超)  
38.5% → 不充分(50~72 nmol/L) 
37.5% → 欠乏 (50 nmol/L未満)

追跡期間中に「116人が転移を経験し、106人の女性が死亡」

「ビタミンD欠乏患者は、充分なレベルに達していた女性と比べ遠位転移のリスクが 94%、死亡リスクが73%高かった」 としています。

Yale School of Medicine (イェール大学医学大学院) も有益情報の宝庫



✳️Vitamin D council を設立したDr. John Cannellによると
乳ガン患者はビタミンDが非常に少ない人が多く、乳ガン患者の中でもDのレベルが高い人は、腫瘍が小さい傾向にある。」としています。 

(英語 Vitamin D society めちゃめちゃ情報乗ってます)



✳️大学レベルの研究以外にも、実際に乳がんを自然療法で2度も克服したエレン・ジェイコブスさんのケースも興味深い。

ビタミンD 血中量はガン自然療法において とても重要です。

上記のデータで”充分”とされる72nmol/L超 をはるかに超える95ng/mlまであげて自身の乳がんを乗り越えたとおっしゃています。


✳️米ABCニュースでもDとガンの関係 を放送



こんな感じで「乳がんとビタミンDに確実に関係性がある」という結果は、めちゃめちゃあります。

これだけ多くの調査結果が出ていますので、ビタミンDが不足してないか、をいつも意識しています。

乳がんでない方も予防の意味でもビタミンDは、とっても大切なのです!!😌








ビタミンDの含まれた食材や効率良い取り方などはこちらもお読みください↓


あせて読む:痩せない人はビタミンDの不足でダイエット失敗

ビタミンDをしっかり取ると、スリム効果とガン予防のダブル効果を狙えます。

ガンとは関係ない人も、じゃんじゃん取って体の中から健康になっていきましょう!😌


とにかく、体がまず楽に軽くなってきますよ。

日頃からのコツコツ積み重ねで、差をつくこと間違いなし。です。

頑張りましょう❤︎





それでは今日はこのへんで
さようなら。



「読んだよ!」のポチを
下の写真 click で ↓ お願いします
「いい情報を書くぞ!」の励みになります
(ブログ村会員でない方もクリックできます☆)
ありがとうございます

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ


e-hiroya 九州産 熊本県産 乾燥きくらげ 無農薬 100g 業務用 チャック袋入



人気ブログカテゴリーはこちらから▽
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
ブログ村へ戻る





What is the link between breast cancer and vitamin D?

Many studies have shown that there is a link between vitamin D and breast cancer.
Women who have breast cancer tend to have low levels of vitamin D.
Researchers have found that Vitamin D receptors are found on the surface of a cell where they receive chemical signals.
By attaching themselves to a receptor,
these chemical signals direct a cell to act in a certain way, divide or die.
There are vitamin D receptors in breast tissue,
and vitamin D can bind to these receptors.
This can cause cells like oncogenes to die or stop growing,
and can stop the cancer cells from spreading to other parts of the body.

Amazing!!

In short, vitamin D may help in protecting against breast cancer,
by making cells in the breast smarter. 🙂

Do you take enough vitamin D?

and also ABC news tells about it as well here

Just started my Facebook page! Super glad if you follow me.

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください